Home > 美少女ゲーム > 先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜

先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜

先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜
★☆★ボイスドラマ付限定版あり★☆★

※詳細は追ってお知らせいたします。

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…

見てくれ! このエロゲやエロ漫画のポスターやタペストリーで埋めた壁を!
そしてエロ漫画とエロゲとエロ同人で埋め尽くされた本棚を!

ここが梅居の一人暮らしの部屋だ。

正気な人間が住む部屋とは思えないが心配無用。
梅居は過剰に2次元エロが好きなだけの気のいい男子だ。

梅居は一人暮らしを始めるにあたって、部屋を自分の色に染めると決意した結果こうなったのだ。
男子ならやってしまいがちなことだ。

ある日、そんな美少女にまみれた彼の部屋を同じ漫研に所属する後輩の女子、小桃さんが訪れる。

──彼女はこっそりとエロ同人誌を作っていた。

そして即売会で売った。DL販売もした。
しかし、反響がほぼなかった。
残念である! 悔しい!
いったい自分のエロ漫画に何が足りないのか?
アドバイスが欲しい。

小桃さんは漫研部での梅居の行動から、こいつなら真面目にアドバイスしてくれるのでは? と狙いをさだめていたのである。

小桃さんは梅居に自作の同人誌を差し出す。そして読んだ梅居は勃起しなかった!

小桃さんは血を吐くように、思うッ! 想うッ! 願うッ!

先輩を勃起させるエロ漫画を描きたい!

──何が足りないのか教えて欲しい!

小桃さんのド熱い想いを梅居は過剰に受け止めた!
本気で考えた! この同人誌に何が足りないのか!

俺の勃起とは何なのか! 必死に考えた。
なんて後輩想いな先輩なんだ、梅居ッ! 偉い! 優しい!

ド真剣にド集中したその時ッ!
梅居はドージンしてしまったのである。

──ドージン。

ドージンとは何か? それは同人誌の世界にインする、ということだ!
エロ同人の世界に入り込んでしまったのである。

小桃さんの同人誌をエロくするために、同人誌の世界で梅居は奮闘するのだった!
先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜先輩が私の妄想にドージンする?!〜ボディータッチにご用心〜
ジャンル : 女子校生 / ギャグ・コメディ / DL版独占販売 / Windows10対応作品 / CGがいい / 黒髪 / 世界観がいい / Windows11対応作品
メーカー : しるき〜ずこねくと
その他 : イチリ / すめらぎ琥珀
無能ちゃんレビュー どんでん返しや裏切り無くOPの雰囲気通りで安心できるタイトルです。
始めれば序盤でわかることですのでネタバレとはいたしませんが、この作品のジャンルはSF、及びループ物です。
ヒロイン3人の中では、あまり好みでは無かったので、DL版独占販売ルートを最初に選んだんですが…
ですが法律上彼等は物。誘拐されても器物破損としてしか社会的に動きません。
設定上主人公に感情移入する場合はイチリによるNTR的要素がいくつか入る(簡単に選択肢で除外できるので見なければいいのですが)のが残念でした。
優しく愛情込もってそうなパイズリしてくれます♪
女の子目線で自分のオッパイを見るのは良いと思います!!続編が出るなら買おうと思うぐらいの作品でしたw もう潰れちゃったって噂だけど…。
オーソドックスな画面、シナリオ、システムでボリュームもあり移植やFD毎に増え続けたシナリオとヒロインとボリュームに対して価格が高くなりがちなジャンルの中ではかなり質、量ともに揃ったタイトル。
初レビューですが、書かずにいられないぐらいよかったとおもいます。
人はそれほど理屈では生きてはいないだろ。そんなツッコミを入れたくなってしまった。
今迄敢えて触れませんでしたが中出し前後の彼女等の台詞回しとしては直接結末に関する表現は無いものの、
また女装主人公ものか・・・世界観がいいもそうやって安易な道に走るのか・・・そう思っていた時期が私にもありました。
一発分岐なので評価分かれますが、一応シナリオ上はすべて帳尻を合わせているので、「AシナリオだとBが助からないよな」なんて矛盾が起きないのは◎。
CGもああここも拘ってるんだなと関心させられる程丁寧な作りでした。BGMもとても良かったので作品の中によく入り込めました。
ページのトップへ戻る