Home > 美少女ゲーム > 人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜

人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜

人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
手に取って楽しめるパッケージ版はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主人公、富郷大介は大学時代に為替取引で莫大な資金を手に入れると、それを元手に不動産や株式に投資をし、若くして資産家となった。
巨額の富を武器にし、欲しいものを欲しいだけ手に入れ、女も好き放題に抱きまくった彼だったが、金で手に入らないものはなく、早々に飽きてしまう。
巨額に富を手にした故に人生に飽きてしまった大介だったが、ふとしたきっかけで金だけでは簡単に手に入らないモノ……他の男と愛し合っている女性、人妻に強い興味を抱くようなる。
その資産ゆえに働く必要がなく時間に束縛されない大介は、人妻に手を出すためだけにマンションを郊外に建て、オーナーとして自らマンションに住み込み、ターゲットとなる人妻を物色を始める。
なかなか自分好みの得物が見つからずやきもきしていた矢先、1組の夫婦が狩り場であるマンションに引っ越してきた。
とても美しく、理想を絵に描いたような人妻、寺内香住に強烈に惹かれた大介は彼女をターゲットに定め、オーナーとして、同じマンションに暮らす住人として彼女に近づく。
言葉巧みに抱えている悩みなどを聞き出し、子供を欲しいと思っているが夫に妊娠を拒まれていることを知った大介は、夫が働きに出て留守にしている昼の時間を見計らい、子を欲しがる彼女の心の隙間をつくように肉体関係を持つことに成功する。
自分と関係を持った弱みを武器にして香住の身体を貪る毎日に十二分に満足していた大介だったが、香住を籠絡してからしばらく経った後、もう一組の夫婦が狩り場であるマンションへと引っ越してくる。
新たなる人妻の名前は、矢崎美守。主婦歴10年で熟れた身体している彼女に香住と同じように惹かれた大介は、香住と同じ手口で美守に接近し信頼を得ると、美守が不妊で悩んでいることを知る。
香住と同じように美守を孕みたがっている事実を知った大介は、迷うことなく美守にも種付けを施し、自分の子を孕ませようと画策。
不妊とセックスレスに悩む美守の心の隙間をついて肉体関係を結ぶことに成功する。
香住と美守ともに主人公と肉体関係を続けるのは夫への裏切りと認識しつつも、大介の与える快楽の前に肉体関係を持ち続けてしまう。
香住と美守……極上の雌に対して、大介は夫のいない時間を有効に使って執拗に種付けセックスを繰り返していく。
結婚してまだ半年の新妻『寺内香住』。
子に恵まれないでいる熟したベテラン主婦『矢崎美守』。
夫よりも遙かに雄々しく逞しいペニス、力強くバイタリティのある大介のセックスの前に二人の人妻は次第に快楽へ身を落とし、大介の種付けを自ら悦んで受け入れるようになるのだった。
人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜人妻天国2〜繁殖マンション、人妻の子宮を子種で満たす〜
ジャンル : 人妻 / 母乳 / 孕ませ / 寝取り / デモ・体験版あり / DL版独占販売 / Windows10対応作品 / Windows11対応作品 / FANZA GAMES(アダルトPCゲーム)で使える最大90%OFFクーポン対象
シリーズ : 人妻天国
メーカー : エロイット
その他 : ぷろていんB6
無能ちゃんレビュー 初めてプレイしたのは99年の発売当時でした。
ただ、序盤からそういった超自然的ななにかを予感させる伏線はしっかり張られており、
プレイヤー高齢化が囁かれるこの業界に於いてこのゲームの方向性はおそらく正しい。
たまたま目に入って衝動買いしました。
ただ、序盤からそういった超自然的ななにかを予感させる伏線はしっかり張られており、
文章読みやすく、会話にも特に変な癖もなく、作りも良く言えばシンプルな作品でした。
CG枚数もありますし、エロシーンも並にありますが、この手のソフトの中ではエロい方かと。
前作に引続き、ライバルとの一戦があり、
せめて半透明にして欲しい(-_-;)
様々な意見があるとは思いますが、これからもぷろていんB6の王道を突き進んでほしいと思います。
俗に言うテンプレキャラっぽいわざとらしさ(あざとさ)や嫌味な部分が一切なく、いっそ清々しさすら感じる姿は素直に好感が持てます。
検討されてみてはいかがでしょうか?
人の営みにおける「身勝手な振る舞い」と「すれ違い」を前面に押し出した作品だと思います。
ただ…それでもシーンリプレイはどれがどれやらの体たらくなのでこのくらいは誤魔化して見せてくれと思った。
前半の共通シナリオでは、噛み合っていないようで実は相性抜群な3人の可愛いやりとりがハマり役のボイスとともに描かれます。またカップル成立後は、ルートごとにヒロインが対照的な顔を見せるので、ゲームの分量以上にキャラクターへの愛着が湧きました。
個人的には一番サッパリ終わってしまった感。
ページのトップへ戻る