Home > 美少女ゲーム > 淫獄の放課後

淫獄の放課後

淫獄の放課後
★☆★オリジナルボイスドラマ付き版あり!★☆★

オリジナルボイスドラマ
「吉宮舞冬、純愛濃厚イチャラブエッチと屈服連続アクメ地獄」

●あらすじ
あり得たかもしれないもう一つの世界線……
主人公と舞冬が恋人同士のまま関係が発展した、
清くも欲望にまみれた濃厚な交わりが楽しめる、もしもの世界の物語。
そしてゲーム本編で描かれた無残な現実……
主人公を罠にはめた舞冬を発情精液の力を使い、
徹底的にイカせ続け、女としての尊厳を踏みにじる、ゲーム本編世界の物語。
そんな2種類の話が楽しめるオリジナル特典ドラマCDです。

●プレイ内容:
・1 恋人舞冬のifストーリー、手コキとパイズリで射精促し好き好き連呼プレイ
・2 恋人舞冬のifストーリー、発情生ハメセックスで中出し懇願ディープキス
・3 舞冬の尊厳破壊ストーリー、玩具で何度もイカされる連続潮噴きアクメ拷問
・4 舞冬の尊厳破壊ストーリー、気が狂うほどの快感で必死に許しを請う濃厚膣内射精

━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…

学園で発生した下着泥棒事件の犯人として冤罪を着せられ、理不尽な停学処分を受けた主人公。
元々不良学生として知られる存在だった彼は、その事件を切っ掛けに学園中から誹謗と侮蔑の的となって疎まれ、
恋人であった「吉宮舞冬」からも一方的に別れを告げられてしまう。
自分に罪を被せた何者かへの報復に燃える主人公は、クラス担任であり奴●でもある女教師「南野霧絵」を使って真相を探っていく。
実は主人公は、自分の住む自宅の蔵の地下に牝奴●調教用の部屋を作り、そこで霧絵に淫猥な調教を施して楽しむ性嗜好異常者だった。
霧絵の調査により事件の黒幕がかつての恋人・舞冬であったことを突き止め、彼女を調教部屋に連れ込んで復讐を果たすことに成功した主人公は、
今回の事件を切っ掛けに敵対関係となった女子学生たちにも同じように報復を誓う。
その報復の手段は、快楽による支配。
それを果たすために、今日も主人公は獲物を淫獄へと堕としに動くのだった。
淫獄の放課後淫獄の放課後淫獄の放課後淫獄の放課後淫獄の放課後淫獄の放課後淫獄の放課後淫獄の放課後
ジャンル : 女教師 / 辱め / DL版独占販売 / 学園もの / Windows10対応作品
メーカー : BISHOP
その他 : 水島☆多也 / 金目鯛ぴんく / 相川亜利砂 / 吉野恵子
無能ちゃんレビュー あえて言うなら、ヒロインが主人公を好きになる理由がなんというか小さいwww
今作に関しては寧ろそれがそそられそそり勃たせる良い内容であり
RPGとして本当に面白いのかと疑いましたが、体験版をプレイしてすごく面白かったので購入しました!ぜひ新作もやってみたいです
結論から言うと「きちんと抜けるゲーム」
ある意味、お互いに満足しての一種のハッピーエンドと言う感じですが、さらなるハーレムプレイを感じさせるエピローグで〆られ、続巻への期待を持たせてあります。
けどいかんせんストーリーが良すぎて抜く気分じゃないのでまた前作で抜こうと思います。
また、会話のひとつひとつが面白く笑えます。しかしこの作品は単なるコメディではありません。お話がクライマックスに達すると、シリアスな展開が待っています。
メインヒロインはメインだけあってとにかくカワイイです。男の娘が題材だとモブとの乱交などが多くありますが、このゲームは基本的に純愛系なのでそういった心配はありません。
個別ルートに入っていくとそれぞれの性格や性癖が明らかになって、キャラ性が掘り下げられていき、攻略非対象にしたヒロイン達も「お前ら良いヤツだな!」的に株を上げていく割ときちんとした恋愛ADVの体裁を整えていく。
DL版独占販売の父と学園ものの母が再婚し半年が経ったものの、互いの連れ子同士は年頃の男女と言う事もあって義兄妹関係はぎこち無く、辱めはそのもどかしさを怪しい吉野恵子にぶつけ、何と男性主人公の意識は女教師の体に移ってしまうのでした。
ストーリーも泣けますし伏線の張り方、物語の設定、ラストの締めなども見事と言うしかないです。
キャラも全員可愛く主人公も普段はふざけていますが、とても頭が良くどんな状況でも常に冷静でしっかりと芯の通った主人公なので好感が持てます。
その筋の人にはかわいい男の娘ってのは良いものなのかもしれませんが、私的には、一番かわいいのが男というのがショックです。あとこれも私的な話ですが、最近のエロゲには自分の性癖に当てはまる子がおらずいろんな意味で困っていたところに久しぶりにかわいいと思える子を見つけたと思ったら男だった時のショックと言ったら…
でも、ゲームは安定の育てゲーだった。本作はなんとか勝てるものだが、メインの2人以外のサブヒロイン枠がいないのが残念。
素晴らしい作品だったと思います。今までにも結構金目鯛ぴんくさんの作品は買ってきましたが、たぶん一番好きですね。
ページのトップへ戻る